松坂屋含む銀座エリア最大級の複合施設プロジェクト本格始動

写真拡大

 東京都が12月12日、「松坂屋銀座店」を含む銀座六丁目地区の再開発に伴う組合の設立を認可した。これにより、銀座エリア最大級の大規模複合施設建築に向けた事業が本格始動する。地下6階・地上13階の建物は2014年1月に着工し、2016年8月以降の開業が予定されている。総事業費は約758億円。

銀座最大級の複合施設の画像を拡大

 同事業では、銀座六丁目の隣接する2つの街区約1.4ヘクタール を一体的に整備し、延床面積約147,600平方メートルの大規模な複合ビル1棟に建て替える。建物は、地下3階を多目的ホール、地下2階から地上6階を床面積約50,000平方メートルの商業施設、地上7階からの7フロアをオフィス空間で構成。また、観光バスの乗降スペースや約4,000平方メートルの銀座エリア最大の屋上庭園を設け、来街者の利便性や快適性を高めるという。2013年に一時閉館予定の「松坂屋銀座店」の出店が決定しているが、施設概要は「未定」(同店・広報)としている。

 今回認可された組合は「銀座六丁目開発特定目的会社」となり、L Real Estate(LRE)、住友商事、森ビルの3社が出資予定。実施設計は、鹿島建設と谷口建築設計研究所で構成された銀座六丁目地区市街地再開発計画設計共同体が行い、特定業務代行者として鹿島建設が参画する。