茨城県「つくば牡丹園」で冬の牡丹が咲く「冬の庭へ」が1月12日より開催

写真拡大

茨城県つくば市の「つくば牡丹園」では、2013年1月12日(土)から2月11日(月)まで、冬の牡丹と寒牡丹を鑑賞できる「冬の庭へ」を開催する。

同催しは、厳冬の中、自然の高低差を生かしたすり鉢状の庭に、花職人の技が開花させた貴重な冬の牡丹と、自然が咲かす寒牡丹が、里山を背景に咲き競うことで知られる「つくば牡丹園」の新春恒例の鑑賞会。

本来は春に開花する牡丹を、徹底した温度管理により、冬に開花させる。

花職人の苦労と努力によるものだ。

土壌のにおい、木々の色、水のせせらぎ等、自然を感じながら、藁ぼっちを覆った牡丹を鑑賞することができる。

また、今回は珍しい花が披露されるとのこと。

開園は10時00分から16時00分で、入園は15時30分まで。

金曜日と雨天の場合は休園となっている。

入園料は大人500円、小・中学生200円、身障者20%引き(付添人1名を含む)。

アクセスは、電車は、常磐線牛久駅下車みどりの駅行きバス20分、茎崎若栗バス停徒歩3分、つくばエクスプレスみどりの駅下車牛久行きバス20分。

車利用は、常磐自動車道谷田部ICから約5分(3.5km)。

駐車場は、普通車300台、大型車20台まで可能。