北ミサイル 海自は迎撃を見送り

ざっくり言うと

  • 北朝鮮が発射したミサイルはいずれも事前通告されていた予測区域内に落下
  • 現時点で日本の領土・領海内で落下物は確認されていない
  • 領域内に落下の恐れがなかったためPAC3による迎撃は見送った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

ランキング