住信SBIネット銀行、預金総残高が2兆4000億円を突破--”効果的に預金積上げ”

写真拡大

住信SBIネット銀行は11日、普通預金や定期預金などの預金総残高が12月10日時点で2兆4000億円を突破したと発表した。

今年度においては、「開業5周年記念特別企画」として5月から10月までに実施した「円定期預金特別金利企画」による円定期預金の積上げ、ならびに米ドルや豪ドルなどの特別金利キャンペーンによる外貨預金の増加によって、効果的な預金の積上げが実現できているという。

なお、12月10日から冬の資産運用特別企画第1弾「円定期預金特別金利企画」として円定期預金6カ月もの年0.27%(税引後年0.21%)、1年もの年0.30%(税引後年0.23%)を適用する企画を実施している。

また、外貨預金については好金利なキャンペーンとあわせて、10月からはSBI証券との間で外貨のまま入出金が可能となり、さらに他行への外貨送金サービスも開始した。

住信SBIネット銀行は顧客に常に使ってもらえる「あなたのレギュラーバンク」を目指して、さらなる利便性の向上と社会の発展に寄与する新しい価値の創造につとめていくとしている。