旺文社、新幹線の駅名をたどって楽しく学習「漢字をおぼえる鉄道ドリル」

写真拡大

旺文社は新幹線の駅名を書きながら漢字を学習する漢字ドリル、「漢字をおぼえる 鉄道ドリル 新幹線編」を12月14日に刊行する。

同書は子どもが好きな鉄道で、楽しく漢字の練習ができる漢字ドリル。

ドリルは新幹線の路線ごとに7つのチャプターから構成され、新幹線の駅の順番に沿って漢字を書き込めるようになっている。

各ページには駅名だけでなく、その駅がある県の名前や県庁所在地も掲載。

また、新幹線路線図の台紙付なので、台を見ながらどのあたりの駅名を書いているのか確認し、楽しく学習することもできる。

答えのページには、書き順や読み方、その漢字を習う学年も掲載。

正しい漢字の書き方や読み方を学べるとともに、何年生レベルの漢字が書けたのかも確認できる。

また、自宅で楽しみながら学習できるドリルとして、「小学漢字1006字で鍛える 漢字脳パズル 小学1・2・3年/小学3・4・5年/小学4・5・6年」も12月14日に同時刊行する。

「漢字をおぼえる 鉄道ドリル 新幹線編」は、全64ページ、価格650円。