コンパクト設計で、肩や腰、足裏など気になる部位に当てやすい

写真拡大

マッサージチェアのパイオニア、フジ医療器は、刺激を感じさせないでコリと血行を改善する家庭用電気磁気治療器「マグネストーム MS‐100」を、2012年12月5日から全国で発売した。

交流磁気でコリをほぐす

製品を電源につないでスイッチを入れると、本体内でN極とS極が交互に入れ替わる交流磁気が発生。この磁気を身体に当てることで血流がよくなり、コリや血行を改善する。

交流磁気は音や振動がなく、身体に当てても刺激を感じないので、肌への刺激が苦手な人には使いやすい。実際に磁気が発生しているかを確認できるよう、本体に取り付けてバイブレーターのような振動を体感できるテスターシートを付属している。

コンパクト設計で、肩や腰、腕、ふくらはぎ、足裏など気になる部位に当てやすく、持ち運びにも便利。操作部分は表示ランプとタイマースイッチだけなので、簡単に操作ができる。通常の使用では電子タイマーが作動して15分で自動停止するが、連続使用した時など本体内部で異常に温度が上がった場合には温度制御回路によって磁気の発生を停止する、安全設計になっている。

希望小売価格は、24万8000円。