向後の7日株!:チャート妙味増!好業績+ROE76%でグローバル展開を加速するソーシャルゲーム関連株(365X)
7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

KLab (3656)が今日の注目銘柄!

足元のマーケットでは、ソーシャルゲーム関連株の好調なIPOに刺激され、同業種であるソーシャルゲーム関連株が物色されています。
そこで、好業績且つ、チャート妙味が増した同社に注目します。

同社は、有名アニメや家庭用ゲームなどをモチーフとしたモバイルオンラインゲームの提供も数多く手掛けており、「恋してキャバ嬢」シリーズをはじめ、「キャプテン翼〜つくろうドリームチーム〜」、「戦国バスター」シリーズなどの、多くのヒットタイトルを生み出しました。

12年8月期末における、ソーシャルアプリのタイトル数は、全16本(内、国内スマートフォン向けネイティブアプリ3タイトル)となり、総登録ユーザー数は12年9月末までに2000万人を突破しています。

12年1月にリリースした、同社として初めてのiOS版ネイティブアプリ「真・戦国バスター for iPhone」は、ダウンロード開始から1ヶ月あまりで国内App Storeトップセールスで1位を獲得しました。これは、同社独自のソーシャルゲームのノウハウがiOS版ネイティブアプリでも通用すること、同社の課金ノウハウによってAppStoreでも継続的な課金売上が実現可能であることを示しています。
また、同ゲームは7月にAndroid版もリリースし、シリーズ累計ユーザー数300万人を超える大ヒットゲームアプリに成長しました。

1タイトルを複数のプラットフォームに展開していく「マルチプラットフォーム戦略」を推し進めた結果、「キャプテン翼モバイル」では、スマートフォン版mixiゲーム優秀賞(男性)、株式会社ディー・エヌ・エー主催の「Mobage Award2011 Gold Prize」、グリー株式会社主催の「GREEPlatform Award −The first half of 2012 − 」で優秀賞を受賞し、リリースしている3プラットフォーム全てで表彰を受けました。さらに、国内App Store無料ランキングでは1位を獲得しています

ちなみに、11月末時点において、利用者8000万人を突破している『LINE』にもゲーム提供開始し、国内App Store無料ランキングにおいて、上位に位置しています。

同社は、スマートフォンの世界的な普及に伴うモバイルオンラインゲーム市場の更なる拡大・成長を予測し「国際分業体制」を掲げ、グローバル展開を加速させています。

足元業績は好調で、売上高は330.11億円、営業利益は50億円、経常利益は49.82億円、当期純利益は30.88億円の見込みで、ROEは75.8%を誇っています。

日足チャートをみると、10月9日につけた年初来高値688円から、200日移動平均線(11日現在、574円)と攻防しながら、三角保合いを継続け、煮詰まった状態にありました。
11日終値は594円で、前日比3.4倍の出来高を伴った上昇により、ついに同線をブレイクしました。
また、25日移動平均線ベースのボリンジャーバンドは収縮した状態にありましたが、この上昇により、+2σ(同、580円)を上抜けました。今後は、エクスパンションが発生し上昇トレンドが開始することを期待しています
さらに、日中高値600円は、一目均衡表の雲上限(同、598円)を超えており、今後終値ベースで雲上限を突破し、三役好転が実現するのは目前と想定しています。

向後はるみ(HARUMI KOUGO)
黒岩アセットマネジメント

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。