TVアニメ『D.C.III〜ダ・カーポIII〜』、2013年1月放送開始! メインキャスト陣が語る作品の魅力

写真拡大

ゲーム、アニメをはじめ、コミックスや関連書籍など幅広いジャンルで高い人気を誇る「D.C.〜ダ・カーポ〜」シリーズより、2012年4月にリリースされた『D.C.III〜ダ・カーポIII〜』がTVアニメとなって、2013年1月より放送開始となる。

そこで今回は、放送に先駆けて、芳乃清隆役の小野友樹、森園立夏役の新田恵海、芳乃シャルル役の宮崎羽衣、葛木姫乃役の佐々木未来、瑠川さら役の桜咲千依、陽ノ下葵役の海保えりかといった6人のメインキャスト陣が語った作品の魅力などを紹介しよう。

――ご自身が演じているキャラクターについて教えてください小野友樹「芳乃清隆役の小野友樹です。

清隆は、たくさんの魅力的な女の子たちに囲まれて、『うらやましいぞ、この野郎』と思いながらも(笑)、精一杯、彼女たちの魅力を引き出せたらいいなと思いながら演じさせていただいています。

清隆自身はすごく純粋な男の子なので、(周りからの『え〜?』という声に対して)純粋な男の子ですよね。

普通の少年のはずです(笑)」新田恵海「森園立夏役の新田恵海です。

立夏は、みんなが所属している”公式新聞部”の部長で、才色兼備な学園のアイドルといった子です。

ただ、発言がときどき中二っぽい、愛すべき残念美少女です」宮崎羽衣「芳乃シャルル役の宮崎羽衣です。

学園ではしっかり者で頼れるお姉さんなんですけど、タカ君と2人のときは、タカ君に構いたくて構ってほしくてしょうがな、子どもっぽいところのある女の子です」佐々木未来「葛木姫乃役の佐々木未来です。

姫乃は清隆のお隣に住んでいる幼馴染なんですけど、小さいころから一緒にいるがゆえに、大好きなんだけど素直になれなくて、ツンとあたってしまうことがあるのですが、そのツンとデレの差が可愛らしい女の子です」桜咲千依「瑠川さら役の桜咲千依です。

さらちゃんは清隆たちより1つ年下だけど同級生の女の子です。

すごく頭が良くてクールなのですが、けっこう子どもっぽい面もいっぱいあります」海保えりか「陽ノ下葵役の海保えりかです。

葵は、ヒマワリみたいで、太陽みたいで、子犬のような人懐っこさを持った一番下の後輩です。

さらと年齢は同じなんですけど、さらは飛び級して2年生なので、1人だけ1年生です。

清隆に対しては意外と大胆なところがあるんですけど、可愛らしさのほうが勝っていて、暴走しても、個人的にはあまり色っぽい感じはないと思っています。

あと、アルバイトをすごく頑張っているのですが、頑張りすぎて風邪をひいちゃったりする”元気病弱”という矛盾した一面を持っている女の子です」――作品の見どころについて教えてください小野「主人公という立場から、たくさんのいろいろな女の子の魅力に触れることができるという意味で、清隆はすごくいいポジションだと思うわけですが、その主人公視点から、ぜひ視聴者の皆さんにもいろいろな女の子の素敵なところを見てもらいたいなと思います」新田「ゲームと同じく”初音島”がアニメの舞台になっていて、今までの作品に比べると、一番普通の女の子たちが出てくる作品だと思います。

桜について、いろいろ謎を解いていくという筋書きがありながらも、メインは、みんな清隆が大好きで、それぞれの恋模様が気になる、そんな感じの物語になっています」宮崎「まず(ゲームの)静止画が動画になっているところが魅力だと思いますし、ゲームの中のあのシーンが好きだった、みたいなところがアニメでもけっこう使われているのではないかと思っています。

今回『III』ですが、『I』と『II』からどういう風に物語が繋がっていくのか、というところや、立夏とシャルルとさくらの関係も見どころだと思います」佐々木「けっこうゲームに忠実な感じになっているので、ゲームをやった方も楽しめると思いますし、ゲームをやっていない方もアニメを観て、またゲームにも興味を持てるような作品になっていると思います。