大阪府・大丸心斎橋店で金魚が泳ぐ芸術「アートアクアリウム展」開催

写真拡大

朝日放送とテレビ朝日は12月1日〜2013年1月21日、大阪府・大丸心斎橋店で「梅の花 アートアクアリウム展 大阪・金魚の艶」を開催している。

同展覧会は、木村英智氏プロデュースによる、金魚のアクアリウムとアートを融合させた作品を展示するもの。

これまでにも東京・日本橋、六本木ヒルズなどで開催されているが、大阪府では今回が初となる。

1,000匹を超える金魚が舞うように泳ぐ巨大な金魚鉢「花魁」、水墨画風の映像に金魚の影が映し出された「屏風水槽(ビョウブリウム)」などが披露される。

金魚も、和金、出目金、琉金といったなじみのあるものから、地金、土佐金などの高級品種、珍しい頂天眼やピンポンパールなどが見られるという。

会場は、大丸心斎橋店 北館14階イベントホール。

時間は10時〜20時(12月19日〜24日は10時〜20時30分、12月31日は10時〜18時、1月2日は9時30分〜20時)。

最終入場は閉場の30分前となっている。

2013年1月1日は休館。

料金は当日大人1,000円、中高生800円、小学生以下無料(要保護者同伴)。

詳細は、アートアクアリウム展公式サイト、朝日放送ホームページで確認できる。