ハトの子どもは存在する? ハトについて気になることを聞いてみた


パンをまけばどの野鳥よりも早く飛んで来て、どれだけ人間が多い公園でも平然と過ごしているハト。筆者は幼いころ、持っていたパンを数羽のハトに奪われてから、どうもハトが苦手なのですが、「ハトは夜になるとどこへ行くのか」「ハトの子どもはどこにいるのか」など、気になることが多いのも事実です。野鳥の会(http://www.wbsj.org/)に、ハトについて気になることを聞きました。



■夜にハトを見たことないけど、どこにいるの?





「ねぐらに帰ります。ハトのねぐらは思いのほか、人間たちのすみかのすぐそばです。公園の樹木の上や、駅前の木の上、川にかかる橋の下や、終電が終わった鉄橋をよーく見ると、きっとハトたちの姿を発見できるでしょう」



ちなみに橋の下には、数百羽のハトが列をなして止まっていることもあるそう。ハト嫌いな筆者からするとホラーとしか思えません。



■くちばしの横にあるメガネのような跡ってなに?



「鼻こぶのことですね。日本産の野生の種ではあまり目立たないのですが、鳩レース協会や日本伝書鳩協会、あるいは動物園などのハトに多く見られます。実は、鼻こぶの機能はまだ解明されていません。一説では磁気を感じるためのものでは、とも言われていますが……鼻こぶがないハトもいるので、すべてのハトに必要な機能というわけではないかもしれませんね」



なんと、あのメガネは無用の長物である可能性もあるよう。ハトたちの中にも「ダテメガネ」なるおしゃれな観点があるのでしょうか。





■ハトの子どもを見たことがありません!



「巣の中にいますよ。カラスなどの外敵から身を守るため、ハトの子どもは成長するまえ巣から出ません。ちなみにハトの巣は、人の出入りが多い公園や庭の木の上や、マンションのベランダなど外敵から見つけられにくい場所に作られることが多いです」



ハトにベランダに巣を作られた!なんて声もよく聞きますが、実は格好の巣作りの場所だったんですね。ちなみに知り合いに、換気扇の中にハトが住み着いてしまったという人がいました。そんなところに入られては、むげに換気することもできなさそうです。



■ハトの子どものエサは?



「街中にエサはありません。子どもが大きくなるまで、親バトがミルクを与えます。ハトの授乳方法は少し変わっていて、ピジョンミルクというミルクを口から与えるのです。ちなみに、ピジョンミルクは雄雌かかわらずに出すことができます。そのため、ハトは一夫一妻制となっており、子育てもつがいで行うという特性があります」



なんと一夫一妻で、雄までミルクを出すとは! 今風にいうと「イクメン」でしょうか。あ、「イクハト」か……。



さまざまな事実が判明した今回の取材。もちろん、色んな側面を知ったからといって、筆者が急にハトを好きになることなんてないと思いますが、これから街で見かけたときは「ひえー」なんて言って逃げ出さず、ちょっと離れたところから見守ってあげたいと思います。



日本野鳥の会

ミニミニ野鳥図鑑 プレゼント

身の回りで見ることができる野鳥27種をイラストで紹介した図鑑を漏れなくプレゼント。

申込みはメールにて。

nature@wbsj.org



(山本莉会/プレスラボ)