みそで美白!? シミ・美白に効く食材4つ - キッチンで作る簡単美容アイテム

写真拡大

夏の間に浴びた紫外線は、秋から冬にかけてシミとしてあらわれます。

また、冬は紫外線ケアを怠りがちなので、さらにシミのもとが蓄積されてしまいがち。

強い紫外線に負けない肌をつくるには、冬の間にしっかり美白ケアをすることが重要です。

高価な美白化粧品を買わなくても、身近な食品を使えば美白ケアをすることができます。

シミはもちろん、白く透き通るような肌を手に入れることもできるのです。

■モデルもオススメ! ヨーグルトの上澄みパックヨーグルトの上澄み液(ホエイ)のみをコップなどの容器にあけ、シートマスクをひたします。

それを顔全体に貼り付け、10分ほどたったら軽く洗い流してください。

ホエイは保湿効果に優れた成分。

その上、古い角質を除去する作用もあり、透明感のある肌へと導いてくれます。

■ムダ毛も生えにくくなる。

豆乳を使った美容術豆乳をたっぷりコットンにひたし、顔全体をパッティングしましょう。

シミやくすみが気になるところには、そのコットンを数分置いて集中ケアをするのもオススメです。

豆乳の原料である大豆には、イソフラボンが豊富に含まれています。

イソフラボンは女性ホルモンと似た作用をし、美白や保湿など、肌にうれしい効果があるのです。

ムダ毛を生えにくくしてくれる効果もあるので、口の周りのうぶ毛が気になる人もぜひ試してみてください。

■みそがシミの原因を撃退!みそを肌が隠れる程度に薄くのばして塗ります。

5分ほどたったらコットンなどでふきとり、ぬるま湯で洗い流します。

ふきとる時には決して肌をこすらないように! 肌への摩擦がシミの原因になってしまいます。

みそには、シミの原因となるメラニンの合成を抑制する働きがあります。

そのため、みそを作っている職人さんの手は、うらやましくなるほど白く輝いているとか。

どのみそでもOKですが、赤みそは抗酸化作用に優れているので、他よりも効果が狙えるかもしれません。

■緑茶のティーバッグは捨てないで!ティーバッグで緑茶を入れたら、やけどしない程度にさまします。

それをまぶたの上に数分置いてください。

じんわりと目の疲れが解消されるとともに、気になるシミにも効果を発揮します。

小鼻の黒ずみにも効果的です。

緑茶には美白効果のあるビタミンCやカテキンなど、美肌成分がたっぷり含まれています。

使用済みのティーバッグは時間がたつとどんどん酸化してしまうので、キープしておくのはオススメできません。

冬は紫外線量が少ないので、美白ケアには最適なシーズン。

今のうちに、透明感あふれる美白肌を目指しましょう!