日本人1人が1本飲んでいる? キリン、トクホのコーラが1億3,000万本突破!

写真拡大

キリンビバレッジは12月10日、同社が販売している、特定保健用食品史上初のコーラ系飲料「キリン メッツ コーラ」が、2012年11月末時点で累計販売数量1億3,000万本を越えたことを発表した(480ml換算)。

同商品は、難消化性デキストリンを配合した、食事の際に脂肪の吸収を抑える、特定保健用食品のコーラ系飲料。

糖類ゼロでありながら、コーラ系飲料ならではの飲みごたえのある味わいを実現した。

同社によると、30代〜40代の男性や30代以上の女性といった大人層の飲用率が高いという。

発売開始したのは2012年4月24日だったが、それから2週間で100万ケースを突破、発売2カ月で200万ケース、発売5カ月では400万ケースと好調に推移し、11月末には累計販売数量550万ケース、本数換算で1億3,000万本を突破した。

計算によると、日本人1人が1本飲んでいる計算になる(11月1日現在の日本の総人口の概算値は1億2,752万人)。

同社は、10月には1.5Lサイズ大型容器を展開。

11月には、さらなる認知拡大と味覚体験を目的とした「100万人サンプリング」を実施した。

さらに同商品は、日本人間ドック健診協会の「日本人間ドック健診協会推薦商品」に認定されている。