職場の閉塞感を4割超が実感! 転職意向も拡大 -ビジネスマンの意識調査

写真拡大

クレイア・コンサルティングは7日、「ビジネスパーソンの意識調査」の調査結果を発表した。

同調査は6月23日〜24日にインターネット上で行われ、企業に勤めている正社員計1,000名から回答を得た。

「今の会社や仕事に閉塞感を抱いているか」を聞いたところ、40.2%が「当てはまる」と答え、「当てはまらない」の20.2%に対し約2倍となった。

昨年行われた同様の調査と比較すると、閉塞感を覚えている人は3.1%増加していた。

「閉塞感を抱く理由」について聞いたところ、「会社や事業の先行きが不透明だから」が55.2%、「頑張ったとしても給料が上がっていく見込みがないから」が53.5%、「会社に期待ができないから」(42.3%)が上位となった。

会社と社員との相互の期待が薄れていることも分かった。

「転職意識」について聞いたところ、「景気によっては転職を考えたい」と答えた人は39.2%で、2年前の同調査より12.9%増えた。

特に従業員5,000人以上の大企業では、2年前の22.6%から今回の37.8%へ、15.2%増加した。

調査の詳細は「クレイア・コンサルティングのプレスリリース」で閲覧できる。