西武鉄道、夜間帯に池袋線・新宿線で臨時電車を増発

写真拡大

鉄道事業を行う西武鉄道は、年末の一部夜間時間帯に、乗客が集中することによる混雑を緩和するため、12月13日、14日、20日、21日の夜間、西武池袋線・新宿線に臨時電車を増発する。

池袋線では、23時40分「池袋発」・0時24分「飯能(はんのう)着」の「特急レッドアロー号 飯能行き」を1本、また、池袋線「準急 小手指(こてさし)行き」では、0時4分「池袋発」・0時41分「小手指着」と、0時38分「池袋発」・1時15分「小手指着」の2本を運行する。

また、新宿線「準急 新所沢行き」では、23時51分「西武新宿発」・0時37分「新所沢着」、および0時39分「西武新宿発」・1時21分「新所沢着」の2本を運行するとのこと。

詳細は同社ホームページから見ることができる。