シャープを救った"解散総選挙"

ざっくり言うと

  • シャープの株価が2カ月ぶりの200円台回復を見せ、息を吹き返している
  • 「米半導体大手が約100億円の出資を決めたことが好材料では」と評論家
  • シャープとの提携に二の足を踏んでいた台湾の鴻海が動き出す可能性も指摘
  • 10月中旬頃、市場はシャープを"倒産扱い"していたが、上昇余地は十分との見方も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング