日産、EVシェアリングシステムをベンチャー企業間で活用する実証実験を実施

写真拡大

日産自動車は10日、低炭素社会を目指した次世代交通の推進のために横浜市と取り組んでいる『ヨコハマ モビリティ ”プロジェクトZERO”』(YMPZ)の一環として、EVシェアリング(共同利用)システムをベンチャー企業間で活用する実証実験を12日より開始すると発表した。

企業間でのEV実証実験は初の試みとのこと。

同実証実験では、複数のベンチャー企業等が、同社が無償提供する電気自動車「リーフ」1台を利用し、業務車両としてシェアリングを実施。

これにより、行動特性の異なる複数の企業がEVを共同利用することで、企業等にとっての有用性、EVシェアリングの事業性、サービスのあり方などを検証するとともに、同ケースにおける課題の抽出を目的としている。

今回採用する車両予約システムは、EVの消費電力や充電時間等を考慮した配車予約を行うとともに、ポイントの有効活用による利用の平準化や促進機能を装備。

利用者はEV利用に際して事前に付与される「ポイント」を活用し、繁忙期や閑散期に応じて変化する利用ポイントを有効に活用することで、シェアリングの平準化や利用を促進するという。

参加企業は、横浜新技術創造館リーディングベンチャープラザ等に入居しているベンチャー企業等(8社13名予定)で、期間は12月12日から2014年2月28日まで。