動員数341万人を突破した『おおかみこどもの雨と雪』Blu-ray&DVD発売決定!

写真拡大

今年7月に公開された細田守監督によるアニメーション映画『おおかみこどもの雨と雪』のBlu-rayとDVDの発売日が2013年2月20日に決定した。

本作は2006年の『時をかける少女』、2009年の『サマーウォーズ』に続く細田監督最新作であり、新たに設立した「スタジオ地図」が制作したアニメーション映画。

キャラクターデザインはこれら2作に携わった貞本義行、脚本は第35回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した奥寺佐渡子が担当し、細田作品常連メンバーが再集結して制作された。

11月末の時点で観客動員数341万人を突破、興行収入は41.8億円を記録し、今年を代表するアニメ映画の大ヒット作に。

また、毒舌で知られる『機動戦士ガンダム』の生みの親・富野由悠季監督が絶賛したことでも大きな話題となった。

これら制作スタッフに加え、声優陣にも宮あおい、大沢たかお、黒木華、西井幸人、大野百花、加部亜門、林原めぐみ、菅原文太といった豪華キャストが集結。

物語は主人公・花と”おおかみおとこ”の出会いをきっかけに恋愛から結婚、彼女たちの子供である”雨”と”雪”の出産と子育て、そして成長と自立の13年間を描いている。

細田監督は制作にあたり「1人の女性が、恋愛・結婚・出産・子育てを通じて自立する過程」を描いたと語っており、2時間で13年間という”時間”を丸ごと描き出すというアニメーションという手法だからこそ実現可能なエンターテインメント作品となった。

発売されるBlu-rayとDVDは、それぞれオーディオコメンタリーと特典ディスクを封入した2枚組。

特典ディスクには、劇場予告集、劇場公開時コラボ番組、劇場公開時イベント映像、各種プロモーション映像が収められ、劇場パンフレット縮刷版のブックレットも付属。

初回限定特典はフィルムブックマーカーとなっている。

また、視聴環境にあわせてDISCを選べる「Blu-ray+DVD ファミリーパッケージ版」も同時に発売。

こちらは特典ディスクはないものの、初回限定特典はフィルムブックマーカー仕様、ブックレットが封入される。

(C)2012 「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会