仕切りの無い建物!? フィンランドの美術館デザインコンペの応募作品がすごい

写真拡大

建築物自体がアート、という美術館や博物館がありますよね。

フィンランドの美術館、「Serlachius Art Museum Gösta」は、現在の総面積に新しい展示スペースを3倍に拡張するため、2010年12月に国際デザインコンペを行いました。そして42カ国から579案の応募があったのだとか。

見事採用されたスペインの建築スタジオ「MX-SI」のデザインがこちら。



周りの自然や既存の建物にも調和しています。白を基調としたガラス張りのデザインは明るく美しく、採用されたのも納得です。

一方でこの作品以外にも、このコンペにエントリーしていたデザインが公開されています。

その中で、仕切りのない構造の作品が気になったのでご紹介します。

外側は、まさにアートなデザイン。

極力仕切りがなく、左右非対称なのが面白い。強度も気になりますが、こんな空間に行ってみたい。

天井のうねりや開放感、そして床に座ってアートを楽しむという新しい体験ができそう。個人宅とかに採用しても、面白いかもしれませんね!

「Serlachius Art Museum Gösta」の増築に関しては、2012年11月から建築がスタートしており、2014年には新しい美術館がお目見えするのだそう。

このほかにも、このコンペの応募作品の中には、すてきなデザインやコンセプトのものがたくさんありました。

コンペで採用されなかった作品ってどうなるのでしょうか。コンセプトデザインでは終わらず、建物になった姿にお目にかかりたいなぁ。


Serlachius Art Museum Gösta Proposal by Eero Lunden Studio + Eric Tan of PinkCloud.DK [Bustler]
[Serlachius Art Museum Gösta]