新潟県新潟市に、県内最大の「蔦屋書店 新潟万代」がオープン

写真拡大

トップカルチャーは8日、新潟県新潟市に、県内最大店舗となる「蔦屋書店新潟万代」をオープンした。

同社は、カルチュア・コンビニエンス・クラブが全国展開するTSUTAYAのFC加盟企業中、最多の店舗数を展開。

また新潟県は人口100万人当たり約25店舗と、「TSUTAYA」「蔦屋書店」を全国で人口1人あたりの店舗数が最も多い都道府県となるという。

同店は、同社が展開する蔦屋書店のフラッグシップ店舗としてオープン。

コンセプトに「希望の羅針盤」を掲げ、人生の希望や豊かなライフスタイルを見つけるための「情報・知識・感動」がつまった、さまざまな本、雑誌、映画、音楽などを県内最大級規模で取りそろえたという。

専門スタッフが来店者の”本選び””映画・音楽選び”などをサポート。

また、本を片手にコーヒーを飲んだり、語り合ったりすることもできるBOOK&CAFÉスペースは150席を用意した。

さらに今回、新たな試みとして、「デジタルハリウッドSTUDIO 新潟」を店内に併設。

「好きなことを、好きな時間に、好きな場所で、自分らしく学ぶ」今までにない”ラーニングスタジオ”をコンセプトにした、目的や地域に特化した学習スタイルを提供するプラットフォームとなっている。

ウェブやアプリ製作の技術習得など、クリエイティブな刺激を提供していくという。

「蔦屋書店 新潟万代」 (新潟県新潟市中央区幸西3-1-6)は、店舗面積1,200坪。

営業時間は8時〜24時。