ベスト電器福岡本店で、ハイレゾ・ネットワークオーディオ体験会を開催

写真拡大

一般家庭用家電製品などの小売り事業を行っているベスト電器は、同社が運営する「ベスト電器福岡本店」(福岡市中央区天神1丁目9−1)で、12月15日と16日の2日間、「ハイレゾ・ネットワークオーディオ体験会」と、「オルトフォン 真空管アンプ&スピーカー試聴会」を開催する。

「ハイレゾ・ネットワークオーディオ体験会」は、同店5階のオーディオコーナーで11時から16時まで開催。

ハイレゾ音源とは”ハイ・レゾリューション”の略で、「高解像度」のデジタル信号を持つ音楽ソースのことである。

会場では、音楽ダウンロードサイトであるe-onkyo musicにて配信されているさまざまなハイレゾ音源を体感できるほか、「そもそもハイレゾって何?」「自分のシステムで聴けるの?」といった、素朴な疑問にも答えてくれるという。

実演機種は、オンキョーリファレンスシリーズの「DAC1000」「P3000R」「M5000R」「CRN755」の4機種。

また、「オルトフォン 真空管アンプ&スピーカー試聴会」では、アナログレコードを使用して、音の視聴ができる。

開催場所は、同店5階のオーディオ試聴室で、11時から17時まで。

使用機種は、オルトフォン真空管アンプ「Kailas-b2」と「Kailas-b4」、スピーカー「Kailas-5」。

今回使用するスピーカーは生産終了のため、最後の購入機会となるという。