【女性編】会社の説明会へ行って「ここはやめよう」と思う理由ランキング


とりあえず説明会へ行ってみよう!





転職情報を見ていても、その会社がどのようなところか、実際に足を運んでみなければわからないことも多いですよね。応募する前に、説明会でいろいろ知っておいた方がいいのかもしれません。今回は、マイナビ会員の女性542名に、会社の説明会に行って「ここはやめよう」と思う理由を聞いてみました。





Q.会社の説明会へ行って「ここはやめよう」と思う理由を教えてください(複数回答)

1位 働いている人の表情が暗い 41.1%

2位 辞める人が多いと聞いた 40.4%

3位 高圧的な態度をとられた 30.4%

4位 ノルマが厳しい会社とわかった 28.8%

5位 福利厚生が充実していない 21.6%







■働いている人の表情が暗い

・「表情が暗いところは怖いなと思いました」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「どんなに良い条件やいいパンフレットを見せられても、働いている社員の表情が一番真実を物語っていると思うから」(25歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「暗さがすぐわかるようなところは、いてもつらいだけ」(41歳/機械・精密機器/事務系専門職)





■辞める人が多いと聞いた

・「何か問題があるのかと不安になります」(29歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「良くなさそうだから、受けない」(29歳/食品・飲料/秘書・アシスタント職)

・「離職率が高いことは、たとえベンチャー企業でも売りにはならないと思う」(28歳/その他/クリエイティブ職)





■高圧的な態度をとられた

・「やたらと上から目線な言い方ばかりの人がいた」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「企業側も選ばれているという意識がない」(24歳/医療・福祉/技術職)

・「会社の雰囲気とか社員の態度が横柄だったりすると、行きたいとは思わない」(28歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)





■ノルマが厳しい会社とわかった

・「ノルマが厳しいと続かないから」(24歳/小売店/販売職・サービス系)

・「社員を大事にしていない社風だから」(32歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「規則が厳しく残業が多く仕事内容もハードとなると、やりがいや生きがいを見いだして働くことが困難な気がする」(27歳/金融・証券/専門職)





■福利厚生が充実していない

・「働きやすい環境が一番だと思う」(25歳/印刷・紙パルプ/営業職)

・「社員を大切にしていない証拠」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「給料と福利厚生、職場内規定が厳しいと、ストレスになるので、自分が耐えられそうになかったら、説明会の段階でやめる」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)





■番外編:女のカンが働く……

・「残業が多そう。体壊しそうだから」(28歳/その他/事務系専門職)

・「合わないな、と思う雰囲気があった」(24歳/金融・証券/事務系専門職)

・「理想論ばかりで、実際の会社像があまり思い浮かばないとき」(24歳/商社・卸/営業職)





総評

1位は「働いている人の表情が暗い」でした。社員の人たちが生き生きと働いていない職場だと、自分が入社しても楽しく仕事ができないのではないかと予想してしまいます。2位「辞める人が多いと聞いた」も同様ですね。





3位は「高圧的な態度をとられた」。圧迫面接が嫌われるように、このような姿勢の会社では入社したいという気持ちが遠ざかってしまいます。4位「ノルマが厳しい会社とわかった」ときも、社員を大切にしないのでは? と思ってしまうようです。





一度入社したら、簡単には辞められません。そうなると、その企業をチェックできる会社説明会はチャンスでもあります。転職活動中の人は、いろんな企業の会社説明会に行ってみては? 企業を見る目を養えるでしょう。

(文・OFFICE-SANGA 渡邉久美子)





調査時期:2012年10月15日〜2012年10月20日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性542名

調査方法:インターネットログイン式アンケート