12月はクリスマス・年末・ボーナス支給で消費意向が上昇 - 博報堂調査

写真拡大

博報堂生活総合研究所は12月7日、12月の生活者の消費に対する意欲を尋ねた「消費意欲指数」と、購入したいモノ・サービスの有無を尋ねた「欲しいモノ・サービス」の2つの調査結果を分析した、「消費ショートレポート」を発表した。

同調査は11月1日〜5日に、首都40km圏、名古屋40km圏、阪神30km圏に在住の20歳から69歳までの男女1,500サンプルを対象にインターネットで実施した。

まず、「消費意欲(モノを買いたい、サービスを利用したいという欲求)が最高に高まった状態を100点とすると、あなたの12月の消費意欲は何点ぐらいですか?」と質問。

すると、11月の51.8点より3.8点増加し、平均値は55.6点だった。

消費が積極的になる理由としては、「クリスマス会やプレゼント」「年末だから」といった声が多く寄せられた。

また、男女ともに「ボーナスが出るから」といった理由も多く挙げられた。

男女別で見ると、女性は全年代で先月を上回り、20代・30代は60点を超えた。

男性は50代を除いた年代は先月を上回っている。

一方、消費に対して消極的な理由としては、女性から「年末はお金を使うが、その中でできるだけ節約したい」という声が目立った。

男性では「ボーナスが減りそう」「景気不安」という声が。

また、女性からは「年明けのセール待ち」という声も寄せられた。

続いて、欲しいモノ・サービスがあるか尋ねたところ、11月よりも8.4ポイント増加して40.9%が「ある」と回答した。

「欲しいモノ」の数は1,162個で、調査開始以来2番目の多さになるという。

特に女性中心に「クリスマスグッズ」「お正月用品」などの季節商品が多く挙げられた。

男性は年賀状ソフトなど、「PC」関連商品を挙げる人が多かった。

「欲しいサービス」については、「クリスマス会」「クリスマスのプレゼントを贈る」といったクリスマス関連のイベントについて女性から多く声が寄せられた。

年配層では「お歳暮を贈る」といった声も目立つ。

年末年始にかけて長期の休みがとれることから、「旅行」を挙げる人も増えているようだ。