Facebook怖すぎ! こうすれば簡単に浮気を見破れる!!

写真拡大

スマートフォンが普及してから、日常の出来事を綴ったりプライベート写真を更新できるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の利用が一層盛んになりました。

アドレス帳に登録されている人が自動的に”友達”登録されたり、友達候補をリコメンドされる機能があるため、SNSをきっかけに自分のコミュニティを広げている方が多いようです。

こうして仲間が増えれば、さまざまな情報が舞い込んできます。

使い方によっては、好きな人のマル秘情報まで入手できてしまう可能性も。

そこで今回は、元キャバ嬢でOL兼フリーライターの西田ひよりさんに、Facebookのを利用しした「パートナーの浮気性を見破る方法」を紹介してもらいます。

まずはパートナーとFacebook上で”友達”になることが必須。

それほど難易度の高いことではないはずなので、まだなっていない人はすぐにでも申請してみましょう。

パートナーとFacebook上で友達になれば、自然にパートナーの友人・知人がリコメンドされてきます。

そこで、パートナーと同じ会社の人や同じ学校を卒業した人たちに友達申請を出してみましょう。

パートナーと仲良しの人と友達になれれば、その友人の写真やチェックインにパートナーがタグ付けされている場合があります。

友達になるのはパートナーと同性だけでなく、異性ともなってみましょう。

頻繁に一緒に出掛けている人がいたら、注意して観察してみてください。

彼とFacebook上の友達同士であれば、コメントをしたり、「いいね! 」を押した履歴を見ることができます。

ひょっとすると、異性をデートに誘っている彼のコメントを発見できるかもしれません。

「今週は○○と買い物に行く」などと言われたことが真実かどうか確認するのもFacebookがあれば簡単です。

友達の写真やタグ付けを確認する他、友達に「今何しているの? 」などとメッセージを送るのもいいでしょう。

自分の親しい友人に頼んで、パートナーにメッセージを送ってもらいましょう。

「はじめまして、ご近所みたいなので飲みにいきませんか? 」など、あなたの友達だということを隠して接触してもらってください。

実際にこの方法で、パートナーから友達に対して何度もアプローチがあり、結婚前にパートナーの浮気性が発覚したという事実もあります。

ただ、協力してもらう友達は慎重に選ぶようにしてくださいね。

パートナーのアルバムをのぞいてみましょう。

そこに、あなたの他に頻繁に登場する異性はいませんか。

写真にコメントされている言葉などから、2人の関係が恋愛関係だと発覚するかもしれません。

いかがでしたか。

相手の携帯をチェックしてしまうと自らが責められてけんかに発展してしまいがちですが、SNSをうまく利用すれば万が一相手にバレても「Facebookを見ていただけ」と反論できますよ。

西田ひより1986年生まれ。

愛知県出身。

OL兼フリーライター。

元キャバクラ嬢、ホステスの経験をいかした記事でライターデビューを果たす。

恋愛jp等でも執筆中。

ブログも更新中。