近鉄、12が3つ並ぶ12月12日に「12.12.12」記念台紙付入場券1万枚限定発売

写真拡大

近畿日本鉄道(以下近鉄)では12月12日から24日にかけて、2012年12月12日が「12並びの日」であることにちなんだ、「12.12.12」記念台紙付入場券を発売する。

同入場券は近鉄を代表する特急車両、「伊勢志摩ライナー」の進化をデザインした記念台紙に、発売駅の硬券入場券をセットしたもの。

硬券入場券には、「12.12.12」の日付印を押して発売する。

12(ワン・ツー)が3つ並ぶことにちなみ、「一歩ずつ前に進む」という意味が込められている。

ただし、記念台紙付入場券は大人のみの発売となる。

価格は各発売駅の大人入場券1枚の発売額と同じ150円だが、桑名駅、津駅、松阪駅、伊勢市駅、鳥羽駅は1枚140円。

発売枚数は限定1万セット。

記念台紙がなくなり次第、終了する。

販売は近鉄の各駅にて。

ただし、駅係員無配置駅および長田、竹田、柏原、吉野口駅は除く。

なお、販売は12月24日まで行うが、入場券が利用できるのは2012年12月12日のみで、券面記載の駅限りとなる。