女王健在!キム・ヨナが今季世界最高点で復帰戦V

写真拡大 (全3枚)

フィギュアスケートのバンクーバー五輪女子金メダリストのキム・ヨナが、1年8ヶ月ぶりとなる復帰戦で今季最高点をマークし、華やかに復活した。

キム・ヨナは9日、ドイツ・ドルトムントで行われた国際大会・NRW杯のフリーで129.34点を出し、前日のショートプログラム(SP、72.27点)との合計で201.61点を記録した。2位選手(159.01点)に大差をつけ、バンクーバー五輪以来の優勝を飾った。来年の世界選手権の出場資格となる技術点の最低ラインもクリアした。

この記録は、浅田真央が前日のグランプリ(GP)ファイナルで出した今季の女子シングル最高点(196.80点)を上回る。

キム・ヨナはフリー後半、コンビネーションジャンプなどでミスがあったものの、動揺することなく演技をまとめ、観客から大きな拍手と歓声を送られた。スコアが表示されると、期待以上の点数だったのか、明るい笑みを浮かべた。

キム・ヨナは「周りが賞賛してくれる分だけ、さらに努力しなければならない。集中して練習に臨む」と話した。課題については、「復帰後初の大会だったので、ステップやスピンをしっかりとできなかった」と振り返った。