エースJTB、京阪電車「旧3000系特急車」貸し切りツアー販売

写真拡大

旅行商品を販売するエースJTBは、学生向けの国内旅行「ガクタビジャパン」および、2013年春に引退する京阪旧3000系特急車(テレビカー)を用いた、「京阪電車『旧3000系特急車(テレビカー)』さよなら貸切ツアー」を、12月7日から発売した。

「ガクタビジャパン」は、卒業旅行や学生旅行が多くなる1月から3月にかけて展開する商品。

2012年度は、価格重視の「びっくり価格プラン」、気の合う仲間・グループで楽しめる「大部屋プラン」、伝統工芸体験などができる「体験付きプラン」、学生旅行では定番の「テーマパークプラン」など、全59プランをラインナップしている。

さらに今年は「学割」や「早期割引」、「グループ得典」の対象施設数を拡充。

女性グループには、「お菓子セット」や「コスメセット」などの得典を用意しているという。

詳細は、デジタルパンフレットでみることができる。

また、「京阪電車『旧3000系特急車(テレビカー)』さよなら貸切ツアー」は、京阪電気鉄道とJTB西日本による共同企画。

同車両は、日本で初めて「カラーテレビ」を搭載したほか、一斉にクロスシート(列車の進行方向、または進行方向の逆を向いている座席)が自動転換する構造を、世界で初めて取り入れるなど、最先端のサービスを備えて昭和46年に登場した。

1995年には、編成中の1両をダブルデッカー(2階建て車両)に改造するなど、京阪電車の顔として長く親しまれてきたという。

同車両貸切ツアーは、2013年1月19日と2月10日のみの限定企画で、募集人数は各日400名。

往年の京阪特急と同様に、京橋-七条駅間をノンストップで運行するほか、通常の運行では体験ができない、三条駅や樟葉駅(くずはえき)の入換線、淀車庫や寝屋川(ねやがわ)車庫での走行体験を楽しむことができる。

さらに、同車の初代車内アナウンスを担当した、大伴英嗣(おおともえいじ)氏が同乗し、昭和50年代の京阪特急車内放送を生放送で再現。

同車にまつわる当時の話も聞けるとのこと。

なお、ツアー参加者には、限定の「記念乗車証」と、旧3000系の雄姿を収めた「ツアー限定オリジナルDVD」(ともに非売品)がプレゼントされる。

旅行代金は、普通車両が9,800円、ダブルデッカーが10,800円、テレビカーが11,300円。

いずれも、1名2席利用時の大人料金の場合で、子どもはそれぞれ1,000円引きとなる。

詳細は、オプショナルプランページ、またはデジタルパンフレットを参照のこと。