格安航空会社(LCC)を利用したことがある人は12.5%-フォートラベル調べ

写真拡大

旅行のクチコミサイト「フォートラベル」は、「格安航空会社(LCC)の利用」に関するアンケート調査を実施した。

調査期間は、11月9日から15日で、有効回答数は1,346件。

2012年は「LCC(Low Cost Carrier)元年」とも呼ばれ、日系のLCCである「エアアジア・ジャパン」、「ジェットスター・ジャパン」、「ピーチ・アビエーション」の3社が就航した。

3社について「利用したことがありますか」と聞いたところ、12.5%が「ある」と回答。

「ない」は87.5%という結果。

利用したLCCのうち、利用率トップは「ジェットスター・ジャパン」で、60.1%。

実際に利用した人からは、「客室乗務員やスタッフの対応がよかった」、「乗り心地がよかった」などの声があがっている。

続いて利用者が多かったのは「エアアジア・ジャパン」で、32.1%が「利用した」と回答。

利用した人からのコメントは「価格が安い」、「座席が快適だった」などというもの。

「ピーチ・アビエーション」については、28.0%が「利用した」と回答。

利用した人からは「純正の日本企業のため、親しみが持てた」、「機体がきれいだった」といった声があがった。

3社に共通して、「搭乗前はあまり期待していなかったが、不自由なく利用できた」という声が多く寄せられている。

また、利用後の満足度を「期待以上だった」、「期待通りだった」、「期待以下だった」の3段階で聞いたところ、3社とも、“期待通り”と回答する人が半数以上を占めた。

一方で、「期待以下だった」と回答した人の理由としてあげられたのは遅延や欠航だった。

特に問題なく利用できた旅行者は、LCCならではの価格の安さと、それに見合ったサービスやシステムに納得し利用していることが伺える結果となった。

なお、アンケートの詳細は、同サイト トレンドリサーチページで見ることができる。