イオン、23,000店舗で一斉にセール開始。分割手数料ゼロキャンペーンも

写真拡大

総合小売業のイオンは、12月7日から11日の5日間、全国のイオンモールなどショッピングセンター(SC)の専門店約22,500店舗および、総合スーパー(GMS)「イオン」、「イオンスーパーセンター」など約500店舗の合計23,000店舗で、一斉に「イチバンの5日間」セールを開催する。

期間中は、防寒衣料やクリスマスギフトなどが、1割から2割引きになるほか、「イオンカード分割払い手数料ゼロキャンペーン」を実施。

同キャンペーンでは、「イオンカード」の分割払い手数料を同社が全額負担する。

暖房家電やタブレット端末などの高額商品も、一括払いと同じ金額で購入できるとのこと。

また、年末年始の旅行需要の高まりに備え、日本航空(JAL)と共同で企画・開発したトラベルバッグなどに加え、新たに同社のブランド「トップバリュ」の上位ブランド「トップバリュセレクト」から、ボタンひとつで止まる、ブレーキ付きキャリーケースを発売する。

詳細は、同社公式サイトを参照のこと。