●緋色の欠片

(画像:amazon.co.jpより)
©IF・DF/「緋色の欠片」製作委員会


平成24年10月期のTVアニメ「緋色の欠片 第二章」がTOKYOMXテレビその他で放映されています。

※平成24年4月期「緋色の欠片」の続編にあたる作品です。

主人公の春日珠紀は、両親の海外転勤を機に、祖母が住む母の実家がある季封村に引っ越しました。しかしその村で珠紀は突如カミサマと呼ばれる奇妙な生き物達に襲われます。珠紀を救ったのは、不思議な能力を操る鬼崎拓磨という少年。
そして彼女の使命は「玉依姫」として鬼斬丸という刀の封印をすること、異形の集団「ロゴス」との戦い、彼女の守護者と呼ばれる少年達、春日珠紀の運命や如何に?

主なキャスト
春日珠紀(かすが たまき):三宅麻理恵さん
鬼崎拓磨(おにざき たくま):杉田智和さん
鴉取真弘(あとり まひろ):岡野浩介さん
狐邑祐一(こむら ゆういち):浪川大輔さん
犬戒慎司(いぬかい しんじ):下和田ヒロキさん
大蛇卓(おおみ すぐる):平川大輔さん
狗谷遼(くたに りょう):野宮一範さん
言蔵美鶴(ことくら みつる):藍川千尋さん
宇賀谷静紀(うがや しずき):久保田民絵さん
芦屋正隆(あしや まさたか):永野善一さん
多家良清乃(たから きよの):三森すずこさん
アリア・ローゼンブルグ:磯村知美さん
アイン:安元洋貴さん
ツヴァイ:川原慶久さん
ドライ:上田燿司さん
フィーア:大原さやかさん
おーちゃん:山口立花子さん

●アリアの決断!
守護者達と大蛇卓はロゴスの本拠地にて、アリア達との最終決戦へと臨みます。

血気に逸るツヴァイと黒幕であったドライですが、アリアは守護者達との戦いを避けようとします。

もはやアリアにとってドライ達は敵という認識、そして彼女の敵は守護者達では無い。それが彼女がドライ達への対応となるわけです。
●春日珠紀、贄となる日
春日珠紀は宇賀谷静紀から鬼斬丸を封印するための贄となる指示を受けます。まだ高校生の彼女にとって過酷な運命、しかしながら玉依姫として充分な能力の発揮が出来なかったと自戒する彼女はその贄となる事を受け入れます。

夕方、彼女が待機している部屋へ言蔵美鶴がやってきます。言蔵美鶴は宇賀谷静紀に内緒で彼女と鬼崎拓磨を引き合わせます。

鬼崎拓磨が話す会話は他愛も無い秋の紅葉の話。来年も見る事が出来たなら…。そう思うと彼女の目に涙が…。そのとき鬼崎拓磨は彼女と接吻をします。

それが彼女にとって最後の時となるはずですが…。

結局、言蔵美鶴の前に戻ってくる春日珠紀。彼女の覚悟は出来ているようです。
●鬼斬丸の封印
春日珠紀の命と引き換えに鬼斬丸を封印すれば鬼崎拓磨は生きられる、そのように宇賀谷静紀は話していたのですが…。

実際は鬼斬丸と深く結合した鬼崎拓磨の状態では彼女の命だけでは封印は出来ません。その封印にはロゴスが所持している法具が必要になるのです。

※つまり、宇賀谷静紀の発言は真実では無いわけですが…。

一方、ロゴス本拠地ではアリアは守護者達を春日珠紀の元へ行く事を許します。そしてアリアはドライと名乗る者(ドライは偽名)は「マルク・メルキセデク」、ロゴス本体の黒幕的存在だと見抜き彼と対峙します。
●鬼の覚醒
春日珠紀は鬼斬丸の贄となる寸前、しかしながら鬼崎拓磨によってそれは中断されます。また鬼崎拓磨は鬼斬丸を奪取しにきたアインとの戦いによって、鬼崎拓磨は鬼として覚醒します。

そして守護者達も春日珠紀の元へと帰還します。

アインの一撃によって瀕死の重傷を負った宇賀谷静紀。彼女は最後の言葉で今までの事を贖罪し、その死によってようやく鬼斬丸の呪縛から解放される事になったと言えます。

「緋色の欠片 第二章」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「緋色の欠片 第二章」第10話「それぞれの結末」(ネタばれ注意)
【アニメ】「緋色の欠片 第二章」第9話「それぞれの誤解」(ネタばれ注意)
【アニメ】「緋色の欠片 第二章」第8話「生きる為の逃亡」(ネタばれ注意)
【アニメ】「緋色の欠片 第二章」第7話「鬼斬丸への生贄」(ネタばれ注意)
【アニメ】「緋色の欠片 第二章」第6話「玉依姫の悲恋」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「緋色の欠片」TVアニメ公式Webサイト
緋色の欠片(通常版)