「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」のひとこま。

写真拡大

■ 見抜かれたポジティブ・シンキング

益山さんに「TOMODACHI〜」の3週間で会った人の話を訊く。

「最後の日、これから(UCバークレーに)入学する人に会って話を聞いたんですけど、その人が面白かったです。若いお兄ちゃん。あと、向こうで看護師のお仕事をしている方のお話には興味を持ちました」

高校生への取材は難しい。面白かった、興味を持ったということばの先を引き出すのが難しい。益山さんが精神科医志望であることを手がかりに、こういう訊き方をしてみた。行ってみて感じたかもしれませんが、合州国の人はポジティブな人が多い。それは益山さんの眼にどのように写ったのかが知りたいのです。

「確かにポジティブな方々はたくさんいました。ですが、ポジティブというより、頑張ってそうしている人もいると感じました」

高校生への取材は面白い。語彙の数に頼らない、短くてもこちらが一瞬たじろぐような、こうしたことばに必ず会える。「頑張ってそうしている人」が心を病んで益山医師を訪ねるとき、「頑張ってそうしている人もいると感じました」と静かに頷かれるのであれば、それは良い治療の始まりのような気がする。益山さん、学歴とはまた別に、精神科医になるために益山さんが必要だと思う能力は、誰に対してどんなことができる能力だと思いますか。

「聞き上手ではなく、相手を受け入れてきちんと向かいあって聞ける能力だとおもいます」

医者を名乗るには、大学の医学部を卒業し、医師国家試験に合格し、2年以上の臨床研修を勤めなければならない。精神科医になるには、そのあと大学医局や病院の精神科に勤務するのが一般的だ。つまり難関であり、時間がかかる。益山さん、精神科医になれなかったときは、どうしますか。

「もしなれなかったら、臨床心理士考えてます。(そのために行く)大学はわからないです」

臨床心理士は、財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する民間資格だ。同協会のウエブサイトを見ると「平成8(1996)年度の資格審査規定の改正に伴い、臨床心理士資格試験を受験するには、本協会の指定を受けた臨床心理士養成に関する大学院修士課程(博士前期課程)の修了が必須となりました(医師、諸外国における大学院を修了した者を除く)」とある。指定を受けている大学院の数は159。福島ならば、国立の福島大学大学院(人間発達文化研究科学校臨床心理専攻)と、福島市にある私立の福島学院大学大学院(臨床心理学研究科臨床心理学専攻)が該当する。後者は戦前に洋裁学院として開設され、短大を経て、2003(平成15)年に大学になった学校だ。どのような進路にせよ、益山さんは南相馬を出ることになる。それは構わないんですか。

「すぐには開業できないから、最初は勤務医で。そのときは県外へ出ても構わないです。でも、30代後半ぐらいには戻って来て、原町の自分の家の近くで開業したいと思います」

自分たちが暮らす町を出る・出ないの選択は、近いところにそのための学校があるかどうかで変わってくる。この感覚は首都圏で暮らす親子にはなかなか実感しづらいだろう。この連載の中で繰り返して言うことになるが、東北には高等教育機関の数も、そのヴァリエイションも、きわめて少ない。「一度はこの町を出る」を選択する者は多い。

但し、東北だから可能になる「町を出るとき役に立つインフラ」がある。こちらは、そのことを次に話を聞いた高校生の話から教えられることになる。

■5月から始まった高校生活

立花沙耶香(たちばな・さやか)さんは原町高校2年3組(選抜コース)。「父は相馬市役所で働いています。母は相馬で会社員をしています」。住んでいるのは北隣の相馬市。そこから原町高校に通うはずだったが、入学直前に震災が起きた。

「震災があってすぐ山形の親戚の家に避難しました。2週間くらいいて相馬に帰ってきて、自分の家、祖父母の家の掃除とかをしました。学校が始まらなかったので、毎日塾に行って高校の勉強をちょっとずつ始めてもらいました」

4月、立花さんの高校生活は始まらなかった。5月9日、原町高校は相双(相馬高校、300人)と県北(福島西高、50人)、2つの高校の空き教室を工面するかたちでサテライトキャンパスを設け、ようやく授業を再開する。本来の原町高校キャンパスでの授業が再開されたのは昨年の11月だ。始業が遅れたぶん、夏休みが削られた。

「夏休みは2週間くらいだった気がします。半月分なくなりました……」

メールで送った質問への返答だ。文末の「……」が、夏休みを失ったしょんぼり感を現している。気を取り直して未来の話を訊こう。立花さんは将来何屋になりたいですか。

「小学校の養護教諭になりたいです。子どもが好きなのと、怪我の手当とかしながら心のケアもできる、子どもがよく見える人になりたいなと思って。中学校の保健室の先生が、いろいろ相談したときに自分のことをすごいわかってくれるっていうか、なんか理解してくれる先生で。話してて、悩み事とかなくなるわけじゃないけど、あんまり考えすぎないようにとかしてくれる先生で。震災があって、なんか将来のことを考えるようになって、『何になろうかな』っていうときに、養護教諭っていうのが頭に浮かんで。ちっちゃい子たちが、地震とかあって、いろいろ精神的に悩んでることとかサポートできる人になりたいなって思って。

養護教諭の1種っていうのを取りたくて。私立じゃなくて、国公立に入りたいです。でも、国公立は養護教諭の養成課程があるところがほんとうに少なくて。私立はいっぱいあるんですけど……」

国公立大学で養護教諭養成課程を持つ大学は、最も古く1975(昭和50)年に開設された茨城大学を始め、現在でも8校しかない。

養護教諭になるには、教育職員免許法に定める「養護教諭免許状」がまず必要だ。「1種免許」は4年制大学(教員養成系大学の養護教諭養成課程や看護大学など)で所定の養護と教職の単位を取得しなければならない。「2種免許」は短期大学で取得する。そのうえで、各都道府県(市)教育委員会が行う教員採用試験に合格し、採用候補者名簿に登載されなければならない。立花さん、具体的な大学名は考えていますか。

「埼玉大学か、あとは茨城大学も考えてます。学校の担任の先生とかに聞いたり、あと、教室に置いてあった本とかで調べて」

茨城大の養護教諭養成課程は2000名の卒業生を送り出した「名門」だ。ではなぜ埼玉大の名が。気になったのは、埼玉大学の名をこの連載の他の取材地でも聞いていたからだ。なぜ、東北の高校生の口から、埼玉大の名前が出るのか。

(次回に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介 )