11番でのイーグルパット、しかし直後にスコアを落とすなど出入りの激しい1日だった(撮影:ALBA)

写真拡大

<タイゴルフチャンピオンシップ 3日目◇8日◇アマタスプリングCC(7,453ヤード・パー72)>
 アジアンツアー「タイゴルフチャンピオンシップ」の3日目。トータル8アンダー5位からスタートした石川遼は1イーグル・4バーディ・5ボギー・1ダブルボギーの73とこの日は出入りの激しい内容でスコアを1つ落とし、首位とは11打差のトータル7アンダー7位タイに後退した。
石川遼の1打速報で3日目の全ショットをチェック!
 石川は前半から伸ばしては落としての繰り返し。8番パー3ではティショットを奥に外すとリカバリーに失敗、痛恨のダボを叩きスコアを1つ落として折り返す。後半に入ると11番パー5でセカンドを2.5メートルにつけイーグルを奪取するも、その後はまた落として伸ばしてと出入りの激しいゴルフに。結局、スコアを1つ落としてホールアウトした。
 ここまで安定していたティショットもラフにつかまり「スイングがバラバラだった。パットも悪かったですね」と苦笑。イーグルなどで見せ場はつくったものの悔しい結果となってしまった。それでも「伸ばせるゴルフはしている。ビッグスコアを出せる可能性は残っている。トップ3を目指してやりたい」と最後は前を向いた石川。逆転優勝は難しいが、明日はボギーを減らし2日目のようなゴルフで1つでも上の位置を狙う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
遼、パー3すべてバーディ!多彩ショットで暫定5位に浮上!
遼、初日はラウンド中にTVレポーターが接触してくるアクシデントも
遼、B・ワトソンと同組に「こいつやるな、と思われるプレーを」
ノーマン主催のオフシーズン競技にR・ファウラーらが出場
米ツアーで流行する長尺パターはアリ?ナシ?