アキバでメシを食うならココだ!



秋葉原と聞くと、オタクの町という印象を抱く人が多いと思います。確かにアニメやアイドル関連の店が多いのは事実ですが、実は秋葉原は、美味しい飲食店が多数あるグルメな街でもあるのです。今回は、秋葉原でご飯を食べる際に、ぜひオススメしたいお店の数々を紹介します。



●かんだ食堂

秋葉原でもトップクラスの知名度を誇る老舗の定食屋さん。かつて秋葉原駅前に存在した青果市場で働く人たち向けのお店だったので、ボリューム満点。味は少し濃い目の味付けですが、ご飯がモリモリ進みます。ご飯のおかずを肴に一杯飲むこともできるため、平日の夜はサラリーマンたちの憩いの場にもなっています。



●赤津加(あかつか)

こちらも知る人ぞ知る秋葉原の老舗居酒屋。安くて美味しい日替わり定食ランチが人気で、非常ににぎわっています。趣のある外観なので少し入るのに勇気がいりますが、その味は一度経験しておいて損はないですよ。ただ、ボリュームは若干少ないため、大食らいの人にはオススメできないかも。



●欧風ギルドレストラン ザ・グランヴァニア

秋葉原駅前にある洋食を提供するコスプレレストランです。惜しまれつつ閉店した駅前の老舗の喫茶店をそのまま利用しているので、店内は非常にクラシカルな内装になっています。コスプレをした女性店員さんたちを見ながら食べるボリューム満点のランチは病みつきになってしまうでしょう。



●インディアンレストラン アールティ

今年6月に開店3周年を迎えた秋葉原のインドカレー店。ランチは4つのコースから選べ、安価で本格的なインドカレーが楽しめるということで人気です。また、香辛料の効いたインドのおつまみも種類豊富なので、夜に晩酌に訪れるのもオススメです。秋葉原にはほかにも老舗インドカレーの『ジャイヒンド』など、インドカレーの名店がひしめきあっているので、「今日はインドカレーが食べたいな」という日は秋葉原に来ると間違いなしですよ。



●ポム

秋葉原のメインストリートとはちょうど反対の台東区側にある「お弁当屋さん」です。かなり外れた場所にあるので、よく秋葉原に行くという人でもあまり知らないかもしれませんが、とにかく美味しい。値段もおみそ汁とコーヒーがついて500円と、コストパフォーマンスもいいです。お弁当を買ってのんびり外で食事ってのもオツなものですよ。



●九(いちじく)

秋葉原の昭和通側にある焼き鳥屋さんです。焼き鳥屋さんらしく、鶏肉を使ったお昼のランチが人気で、早々に売り切れることもあるほどです。中でも人気なのが肉厚のチキンカツ。外はカラっと香ばしく中はむっちりジューシーでとにかくご飯が進みます。もちろん、夜のメニューも絶品です。



●魚がし日本一

秋葉原でおすしが食べたい人にオススメの立ち食いすし屋です。一番安いネタだと1カン75円と非常に安いのですが、「なんでこの味でこの値段!?」となってしまうほどのクオリティー。平日の夜でも順番待ちができる日もあるほどです。ただ、ウニやイクラなどは日によって当たり外れがあるので、そのあたりは注意。



●ブラウニー

秋葉原の外れにある洋食店です。カレーやオムライスといったベーシックなメニューだけでなく、ベトナム風チキンカレーや沖縄のタコライスといった珍しいメニューもあります。オススメは牛すじカレーごはん。コクのある牛スジカレーと卵のハーモニーがたまりません。カウンター席だけの小さなお店なので少し待つ覚悟も必要です。



●秋葉原 牛かつ 壱弐参

中がレア状態の牛カツが食べられると話題になっているお店です。まるで牛肉の刺し身を食べているようなカツはあっさりとしていていくらでも食べられそうに思えます。ワサビをつけて食べると一層「刺し身感」を感じます。



大手チェーン店などでおなじみの味を堪能するのもいいですが、せっかく秋葉原に来たのならば、ぜひこれらのお店に行ってみてください。また、秋葉原にはこれら以外にも美味しいお店がいくつも存在するので、いろいろ食べ歩いてみるのもいいかもしれませんね!



(高橋モータース@dcp)