こんなにあるぞ『○○男子』たち!



数年前に女性誌で特集されたことで一気に流行した『草食系男子』という男性のタイプを表す造語。これは草食動物のようにおとなしく、恋愛に興味がない男性を指す言葉です。その後、草食系と対を成す恋愛に積極的な男性の事を指す『肉食系男子』という言葉ができたりしています。

では、この草食系男子と肉食系男子以外ではどんな○○系男子があるのでしょうか?



●魚食系男子

草や肉があればやっぱり魚もありました(笑)。魚食系男子は草食と肉食の中間で、ガマン強くさらに知的な雰囲気を出している男性のことだそうです。抽象的すぎてよくわかりません。



●昆虫系男子

昆虫系男子というのは、女性に積極的にアピールするものの、相手にされない男性のことを言うのだとか。虫=無視ということだそうです。うまいこと言っているつもりでしょうがスベってますね。



●雑食系男子

雑食と聞くとロクでもない男のことかと思いがちですが、雑食系男子とは肉食系男子と草食系男子の良い所を併せ持ち、さらにどんな女性でも拒まない女性にとって夢のような男性のことだとか。前半はともかく、後半がヒドイ(笑)。



●植物系男子

植物系男子とは、100%受け身の男性のことで、相手が自分の好みの女性でなくても、アプローチされるとすべて受け止める男性のことだとか。ようするに、自分で動きたくないので引っ張ってくれるなら誰でもOKってことですよね。ダメ男じゃないですか……。



●猛獣系男子

とにかく自分本位でワガママな男性のことや、女性に左右されない自分だけのこだわりがある人、さらにはカリスマ性をもつ男性を指す言葉だそうです。ワガママなのってどうなんですかね?



●ハイエナ系男子

失恋して傷ついている女性に対して積極的にアプローチする男性のこと。これは「なるほど!」と思えるいい例えですね。



●仙人系男子

草食系よりもさらに女性や恋愛に対して消極的だったり、興味がなかったりする男性のことを指す言葉。ある種、悟りを開いてるかのごとく無関心なのでこう呼ばれるようになったとか。



●ロールキャベツ系男子

外見は恋愛に消極的な草食系男子っぽく見えるのに、実は女性に対して積極的な男性のことを、外側がキャベツで中はひき肉のロールキャベツに例えてこう呼ぶそうです。



●クリーミー系男子

癒やし系の甘いマスクを持ち、女性を温かく包み込むような優しさと時には厳しくしかる男らしさを併せ持つ男性のことをクリーミー系男子と言うそうです。とりあえずこんなドラマの登場人物のような男は本当にドラマの中だけですよ。



●糧食系男子

携行しやすい便利な糧食のように、使い勝手のよい利用価値の高い男性のことを指す言葉です。ようするにひと昔前のアッシーくんとかメッシーくんみたいなものですね。



●化石系男子

「家のことは全部女の人に任せる!」といった、ひと昔前のガンコおやじのような男性や、社会に積極的に出ている女性に対してあまり良いイメージを持っていない男性のことをこう呼ぶそうです。もう化石とか言われるようになっちゃったんですね……。



●僧職系男子

そのまんま、お寺の住職さんのこと。一部の仏教好きの女性がつけたとか……(笑)。





といったように、さまざまな○○系男子という言葉が横行しております。「よくぞこんなに作ったなぁ……」と感心してしまいます。以前よりペースは落ちましたが、現在でも新しい○○系男子が作られているそうですので、今後どんなものが登場するのかちょっと楽しみですね(笑)。



(高橋モータース@dcp)