<タイゴルフチャンピオンシップ 3日目◇8日◇アマタスプリングCC(7,453ヤード・パー72)>
 アジアンツアー「タイゴルフチャンピオンシップ」の3日目。単独5位からスタートした石川遼は4番までバーディとボギーを繰り返す出入りの激しい立ち上がり。その後7番でバーディを奪うも直後の8番をダブルボギーとし、1つスコアを落としトータル7アンダーで後半へ折り返した。
 石川と同組の小林正則は前半1つスコアを落としトータル8アンダー5位タイ、セルヒオ・ガルシア(スペイン)は1つスコアを伸ばしトータル7アンダーで石川らと7位タイに並んでいる。
 現時点でトータル15アンダーまでスコアを伸ばしたチャール・シュワーツェル(米国)が首位をキープ、日本勢は藤田と平塚がトータル4アンダー21位タイ、塚田、片山はトータル1アンダーで44位タイ、丸山はイーブンパー53位、池田勇太はトータル1オーバーで58位となっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
遼、パー3すべてバーディ!多彩ショットで暫定5位に浮上!
遼、B・ワトソンと同組に「こいつやるな、と思われるプレーを」
ノーマン主催のオフシーズン競技にR・ファウラーらが出場
米ツアーで流行する長尺パターはアリ?ナシ?
石川遼の1打速報で3日目をチェック!