20121207nexusdock01.jpg

20121207nexusdock01.jpg


お店でスリスリしてきました

このトップ画像、ぱっと見だとわからないかもしれませんが、19,800円からというお手頃プライス流行の7インチサイズの取り回しの良さが人気のGoogle謹製タブレット『ネクサス7(Nexus7)』の純正ドッキングステーションなのです。

ネクサス7の製造を担当する台湾エイスース(ASUS)製で、端末との相性はカンペキ。ネクサス7を横向きの状態でこの台座にポンと乗っけてあげると充電しながらネクサス7を操作できるというワケですね。

デスクの脇にさりげなく置いておきつつ、TwitterやFacebookのタイムラインをなんとなく追ったり動画や音楽を流しておいたりと地味ながら重宝しそうなアイテムです。

20121207nexusdock02.jpg


ドック自体はプラスチック製ながら、実機を見るとややマットな半光沢に仕上がっていて質感も3,480円にしては申し分ないレベル。なによりオフィシャル品ゆえのエンボス加工の『Nexus』ロゴが渋くキマってますよね。また見た目のシンプルさに反して実際に手に取ってみると適度にずしりとくる重さもあり、精密機器のタブレット端末を置く台座としての安心感も確かなものがあります。


20121207nexusdock03.jpeg


このドッキングステーションはネクサス7への電気の供給をmicro USBではなくネクサス本体左下の端子部から行います。ロック機構やポートへの差し込みなどを伴わないおかげで機械的な破損の心配が少ないのもお気楽に普段使いできそうでグッド。持ち出す時にもさっと端末を持ち上げるだけ。

またドック背面には3.5mmのオーディオジャックも備えており、ネクサス7をAndroid4.2にアップデート済みであればドックからのオーディオ出力もできちゃうスグレモノです。

ネクサス7買ってはみたもののまだライフスタイルにうまく馴染ませられていないとお悩みの方、まずはデスクサイドにこれを置いておくだけでも活用の幅がグンと広がっちゃうかもしれませんよ。

執筆時点でエイスースの公式ショッピングサイトでは品切れとなっているようですが量販店などではちらほら取り扱いを見かけますし、ニ◯リじゃないケドお値段以上の満足感が得られそうな隠れた逸品なんですよ〜。


関連記事:

20121207nexusdock_add01.jpeg

散歩がてらどう? 「ネクサス7」32GBモデルは店頭で予約できますよ〜

≪Nexus 7 accessory≫Nexus 7 専用ドッキングステーション [ASUS Shop]

(ワタナベダイスケ)