【男性編】素直にお礼が言えないときに感謝を伝える方法ランキング


わかってほしい、僕の気持ち





誰かがしてくれた親切。本当だったらお礼を伝えたいのだけれど、照れや意地で気持ちを伝えられないこともありますよね。そこで、マイナビ会員の男性458名に、素直にお礼が言えないときに感謝を伝える方法について、聞いてみました。「おお! この手があったか!!」と思っていただけますように。





Q.素直にお礼が言えないときに感謝を伝える方法を教えてください(複数回答)

1位 プレゼントをする 25.8%

2位 手紙やメールで伝える 22.7%

3位 後で思い出したように感謝を伝える 15.1%

4位 何かの機会に便宜を図る 13.3%

5位 相手の好きなことをしてあげる 10.0%







■プレゼントをする

・「プレゼントをし、相手を喜ばせるのが一番手っ取り早いため」(28歳/情報・IT/技術職)

・「ささいなお菓子とかプレゼントして、感謝を伝えることがあるから」(29歳/小売店/事務系専門職)

・「プレゼントを渡すことで、感謝の気持ちを伝えられる気がするから」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)





■手紙やメールで伝える

・「素直にお礼が言えないときは、メールを使うから」(23歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「直接顔を合わせるわけではないので、素直になれる」(30歳/機械・精密機器/技術職)

・「メールなら、時間をかけて文面を推敲(すいこう)できるからいい」(22歳/建設・土木/技術職)





■後で思い出したように感謝を伝える

・「照れくさいので、時間がたってからお礼を伝えるようにしています」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「自分はこのパターンが多いです。もっとうまく伝えられればいいのですが」(36歳/印刷・紙パルプ/技術職)

・「言える状況になってからでも良いと思うから」(33歳/情報・IT/技術職)





■何かの機会に便宜を図る

・「義理を返すってことですかね。素直に表現したほうが良いですけど」(35歳/医療・福祉/クリエイティブ職)

・「その人が困っているときにこそ、恩返しのチャンス」(28歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「これで借りはなしという状態にしたいから」(28歳/情報・IT/技術職)





■相手の好きなことをしてあげる

・「気持ちが伝われば良いと思います」(29歳/情報・IT/技術職)

・「相手はほとんど気づかないけれど」(25歳/その他/クリエイティブ職)

・「何か喜ばせたいと思うから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)





■番外編:行為で伝えるという手も

・食事に誘う「一緒に食事に行けば、自分の気もはれるし、相手も満足してくれると思うから」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・はにかむ「言葉よりも表情で」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・間接的にほかの人に感謝を伝える「直接いいにくいことは、他人に言うことで本人の評価を高めてあげることができると思うから」(30歳/食品・飲料/営業職)





総評

堂々の1位に選ばれたのは、「プレゼントをする」です。モノがわかりやすいと考えている方が多いようでした。たしかに、感謝の気持ちは伝わりやすいですよね。中には、日本の文化だというコメントもありました。





2位は、「手紙やメールで伝える」です。相手の顔を見ないで伝えられるので、素直になりやすいとのことでした。相手も何度も同じ文章を読み返せますし、メールって案外高ポイントかも!?





4位は「何かの機会に便宜を図る」、5位には「相手の好きなことをしてあげる」がランクイン。言葉では伝えられない分、行為で伝えるのはアリかもしれませんね。どうぞ相手にも、感謝の気持ちが伝わりますように!





お礼を伝えられない、じれったさの伝わってくる結果となりました。このランキングを通して、感謝の気持ちを察してもらえるようになるといいのですが……。さすがにそれは難しいかもしれないので、素直に伝えられるようにがんばってまいりましょう。

(文・OFFICE-SANGA 臼村さおり)





調査時期:2012年10月15日〜2012年10月20日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性458名

調査方法:インターネットログイン式アンケート