ダンボールエヴァ初号機。ポーズもばっちり決められる(BUBUBUさんのTwitterより)

写真拡大

どこにでもあるダンボールで、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」に登場する「初号機」を再現してしまった個人製作のフィギュアに、驚きの声が広がっている。

「BUBUBU」さんが製作したこの作品は、ダンボール製とは思えない精密さで初号機の複雑なフォルムを表現する。塗装などは行わず、元のダンボールにプリントされている文字や模様もそのまま生かしているのが特徴だ。その上「全身フル可動」、しかも劇中にはない「車形態」への変形機能まで搭載した。

12月21日にはイベントで展示も

製作者が2012年11月29日、Twitter(ツイッター)に写真を投稿したところ、30日までに1500人近くがリツイートした。その「勇姿」を目の当たりにした人からは、

「かっこいい〜〜!!!!」
「なにこれ超すごいwww」
「たまらああああん!!!!!!!!」

と手放しの賞賛が相次ぐ。

BUBUBUさんはこれまでもダンボール製のロボットフィギュアを製作しており、今回の「ダンボールエヴァ」は、2012年12月21日に東京・六本木で開催される「gee studio Art Collection」に出品されるという。写真・ビデオの撮影も可能とのことだ。