【動画】ブルース・ウェーバーがDior Hommeの映像作品を制作

写真拡大

 メンズブランド「DIOR HOMME(ディオールオム)」が、写真家・映画監督のBruce Weber(ブルース・ウェーバー)が制作した映像作品「CAN I MAKE THE MUSIC FLY」を公開した。フロリダ州マイアミに出店することを記念して制作されたもの。全編モノクロームで、著名なダンサーやピアニスト、バイオリニストらが出演している。

【動画】ブルース・ウェーバーがDior Hommeの映像作品を制作の画像を拡大

 「DIOR HOMME」は12月4日、ブランドの全カテゴリーを販売する店舗をマイアミにオープンした。これを記念して、デザイナーのKris Van Assche(クリス ヴァン アッシュ)、Bruce Weber、そしてW magazineのStefano Tonchi(ステファノ・トンチ)により映像作品「CAN I MAKE THE MUSIC FLY」のワールドプレミア試写会を開催。作品にはバレエダンサーのSergei Polunin(セルゲイ・ポルーニン)、ヴァイオリニストのCharlie Siem(チャーリー・シーム)、ピアニストのMason Buccheri、そして12歳のヴァイオリニストClaudius Agrippaが出演し、ドビュッシーのClair de Lune(月の光)などの楽曲が使用されている。