世界の5人に1人が「国外で安価な医療」を希望 - 医療ツーリズム調査

写真拡大

グローバル・マーケティング・リサーチ会社のイプソスは、5月1日〜5月15日にかけて、世界24カ国で実施しているGlobal @dviser調査を実施。

1万8,713人を対象に医療ツーリズムに関する調査結果を発表した。

各国の対象者に「医療費が極端に安価であれば、国外で医療や歯科治療を受けることを考えますか?」を尋ねたところ、全体の5人に1人は国外で医療サービスを受けることを「もちろん考える」と回答した。

中でも「もちろん考える」と回答した割合が特に高かった国はインド、ロシア(いずれも35%)。

インドネシア(32%)、メキシコ・ポーランド(各31%)も高かった。

「もちろん考える」と回答した人々に加え、全体の10人に4人(36%)が「おそらく考える」と回答。

全体的に医療ツーリズムに積極的な人の割合は54%だった。

一方「考えない」と回答したのは46%だった。

日本は国外で医療や治療を受けることに対し、「もちろん考える」と回答した人は3%。

調査24カ国中、最も低い結果となった。

韓国(5%)、スペイン(7%)、フランス(8%)、ベルギー(9%)、スウェーデン(9%)がそれに続いた。

年代別に見てみると、30代〜40代が最も積極的に国外での安価な医療サービスに興味があるようだ。

全世界の合計では35歳以下の19%、35歳〜49歳の19%が「もちろん考える」と回答。

インドでは35歳未満の86%が医療ツーリズムに積極的(「もちろん考える」と「おそらく考える」の合計)という結果が出ている。

※対象国(24カ国)は、アルゼンチン、オーストラリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、イギリス、ハンガリー、インド、インドネシア、イタリア、日本、メキシコ、ポーランド、ロシア、サウジアラビア、南アフリカ、韓国、スペイン、スウェーデン、トルコ、米国。

対象者は、カナダおよび米国では18歳〜64歳、その他各国では16歳〜64歳の対象者