飲み会離れしている若い世代ほど、実は忘年会が好き!?-ぐるなび調べ

写真拡大

飲食店情報検索サイト「ぐるなび」を運営するぐるなびは、忘年会に関する意識調査を、20歳以上の会社員・公務員1,041人(男性562人、女性479人)を対象に実施。

同調査によると、「飲み会離れ」といわれている若い世代ほど、実は忘年会が好きな傾向が強いということがわかった。

調査期間は11月16日から11月19日。

まず、「あなたは忘年会が好きですか?」という質問では、「好き(10.2%)」と「まあまあ好き(39.2%)」を合わせて、約半数の人が「忘年会が好き」と回答。

年代別では、20代は6割以上の人が「忘年会が好き」と答えており、ほかの年代と比べても10ポイント以上突出していた。

一方、60代以上では「忘年会が好き」と答えた人は約4割にとどまった。

また、忘年会で経験したことのあることを聞いてみたところ、1位は「話したことのない人と話せた(39.4%)」、2位は「上司や同僚の、普段とは違う一面を見られた(33.6%)」となっている。

宴会でのマナー違反について問う質問では、1位が「説教をしたり人にからんだりする(59.9%)」、4位が「愚痴や陰口ばかり話す(51.3%)」で、大勢が集まる忘年会などの宴会は、説教や愚痴は抜きにして、楽しい席にしたいと考える人が多いことがうかがえた。

また、2位「泥酔する(53.8%)」、3位「お酒を無理やり勧める(52.0%)」と、お酒に関するマナー違反もランクインしている。

同調査の詳細な結果は、同社公式ホームページを参照のこと。