どうして私なんだろう…… 裏がありそうなくらい身分違いだった恋愛




異性に告白されるのはもちろんうれしいことですが、しかし、相手のビジュアルやステータスがあまりに高過ぎたり、自分と格差があり過ぎたりすると、「何か裏があるのでは?」なんて不安に思ってしまうもの。そこで、マイナビニュース会員に「身分違いだった恋愛」についてアンケートし、相手が自分にほれた理由や、身分違いの恋愛の結末などを詳しく聞きました。





調査期間:2012/9/28〜2012/10/1

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)



■大企業の御曹司で5歳下の男性から告白され付き合うことに。「フィーリングが合った」らしいが、普段から人を見下す発言が多く、1カ月足らずで別れた(32歳/女性)



やはり大切なのは人間性。どんなにステータスが高くてもカバーできないということですね。



■誰がアプローチしてもダメだった大学一の美女が、なぜか自分に告白してきた。その子とはあまりにレベルが違うので、最初からまったく恋愛対象として意識せず、悪ふざけばかりしていたのだが、どうやらそれが良かったらしい (29歳/男性)



うらやまし過ぎます! ちなみにこの回答者、「告白されても恋愛対象として意識できなかったけど、せっかくだから付き合った」とのこと。憎んでもいいですか?



■お互い「ガンダム」好きということで気が合い、上場企業の御曹司と交際。ケンカもなく楽しかったが、結婚の話が出てから格差が浮き彫りになり、最終的に断ってしまった(32歳/女性)



なんというストーリー。御曹司との結婚は、想像以上に難しいんでしょうかね……



■人気俳優にも負けないくらい顔がきれいな男性にアプローチされた。「自己主張の強さ」に惹かれたとのことだが、不釣り合いな気がして結局付き合わず(28歳/女性)



ついつい「もったいない」と思ってしまうのですが、そんな簡単な話ではないんでしょうね。美人に告白された経験がないので、気持ちが分かりません!



■会社の経営者から告白されたのだけど、「イモっぽいところがいい」という理由に腹が立って拒否した。それでもあきらめようとせず、何度も「磨いてあげたい」と言われ、逆に悲しくなった(27歳/女性)



好きな女性に「イモっぽい」はまずいですね。なぜそこまで正直に言ってしまったのでしょうか。



アンケート結果を見ると、「レベルが違い過ぎて嫌だった」、「おじけづいてしまった」など、「不釣り合い」ということだけを理由に断った人が多く、あらためて相思相愛になる難しさを感じました。とはいえ、一度くらいは経験してみたいですけどね、身分違いの恋愛。



(J.B.河合+プレスラボ)