ジョニー・デップはハリウッドを代表する俳優だが、先日LAで行われたエアロスミスのライブに出演したことが明らかになった。



デップはギターを抱えて登場すると、フリートウッド・マックの「Stop Messin'Around」とビートルズの「カム・トゥゲザー」をメンバーと共演。なお、今回のライブでは元ガンズ・アンド・ローゼズのイジー・ストラドリンもアンコールで登場し、「ママ・キン」を演奏している。ちなみにデップがエアロスミスのライブに出演するのは今年2度目で、8月にもLAで共演している。



「Stop Messin' Around」を演奏する映像


「Come Together」を演奏する映像
デップはエアロスミスの他にも数多くのロックコンサートに出演しており、11月29日にはアリス・クーパーのライブに出演してドアーズの「ブレイク・オン・スルー」とビートルズの「レボリューション」を演奏、11月19日にはトム・ペティのカバーを演奏するチャリティライブに飛び入りして、ケシャと共に「Mary Jane's Last Dance」のカバーを披露した他、<MTVミュージックアワード>でザ・ブラック・キーズとも共演を果たしている。