ファミリーマートが、高齢者向け弁当の配送網を活用した宅配事業を開始

写真拡大

ファミリーマートは12日より、シニアライフクリエイトが展開する高齢者向け弁当の配送サービス「宅配クック ワン・ツゥ・スリー」(宅配クック123)の配送網を活用した宅配事業を開始する。

同サービスは、「宅配クック123」の弁当と一緒に、カタログ掲載のファミリーマート商品を注文することで、無料で商品を宅配する。

前日18時までの注文で、翌日に弁当と一緒に届けられる。

回数は昼と夕の1日2回。

また、宅配と同時に利用者の安否確認も実施する。

現段階で宅配する商品は、“食べやすさや栄養バランスを考慮した食品”や“高齢者から買い物を依頼されることが多い日用品”など45種類。

商品は、利用者の要望を聞きながら随時拡大・変更していくという。

同事業は、鹿児島県鹿児島市を皮切りに、本年内に東京都豊島区・文京区、愛知県岡崎市、兵庫県神戸市、岡山県岡山市の全国5つの地域に拡大する。

注文受付開始日は、鹿児島県鹿児島市が12日、東京都豊島区東部・文京区が17日、兵庫県神戸市須磨区・垂水区が19日、愛知県岡崎市は21日、岡山県岡山市が26日。

その他、利用方法の詳細などは、ファミリーマートWebページで確認を。