『進撃の巨人』2013年春にアニメ化決定! エレンは梶裕貴、ミカサは石川由依

写真拡大

諫山創によるコミック『進撃の巨人』のTVアニメ化が決定し、2013年春からMBS系列にて放送されることが発表された。

このたびアニメ化される『進撃の巨人』は、2009年より別冊少年マガジンにて連載されている人気コミック。

どこからか現れた巨人が支配する世界を舞台に、人間を餌とする巨人と人類の戦いを描いた作品で、実写映画化もすでに決定している。

今回の発表では主要キャストとして、エレン役を梶裕貴、ミカサ役を石川由依、アルミン役を井上麻里奈が演じることも明らかとなった。

監督は『ギルティクラウン 』などで知られる荒木哲郎、キャラクターデザインは浅野恭司、シリーズ構成は小林靖子が担当。

アニメーション制作を担当するのはWIT STUDIOで、制作協力にProduction I.Gが名を連ねている。

なお、12月8日(土)20:00よりアニメ『進撃の巨人』の制作発表会が行われ、その模様がニコニコ生放送で配信される。

この発表会には、監督の荒木哲郎やメインキャストの梶裕貴、石川由依などが出演する。

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会