東京都青海の日本科学未来館で12月14日、22日を特別夜間開館日に!

写真拡大

東京都青海にあるサイエンスミュージアム日本科学未来館(東京都江東区青海2-3-6)では、毎月最終土曜日に開催している特別夜間開館を、12月は14日(金)と22日(土)の2回開催。

通常17:00までの開館時間が21:00まで延長される(最終発券は20:30まで)。

同館は、先端科学技術を駆使した展示物を中心にした博物館で、さまざまな分野の技術を社会で共有することを目的とした施設だ。

特別夜間開館では、両日ともに、ドームシアターで人気の立体視プラネタリウム作品「バースデイ〜宇宙とわたしをつなぐもの〜」、そしてプラネタリム番組「暗やみの色」の上映を予定。

そのほか14日(金)には、地球上の大気、水、生命などを紹介するGeo-Cosmos(ジオ・コスモス)ライブ実演「つながりのはじまり」や、色から音を作る装置「Audible Colorオーディブルカラー」を使って、色と音で遊ぶ「共感覚 あなたは世界をどう感じますか?」を開催。

22日(土)は、空間情報科学から生み出されたNEWスポーツ「e-SPORTS GROUND(イースポーツグラウンド)」をテーマにしたワークショップ、「footbone in アナグラ 空間情報科学×スポーツ」が行われる。

また、人間の脳の働きや、未来社会について考える「人間」ツアーの開催や、「人間」にまつわるトピックを科学コミュニケーターがわかりやすく紹介する「サイエンス・ミニトーク」も企画されている。

イベント詳細は、同館ホームページの特別夜間開館お知らせページ、「12月14日特別夜間開館のお知らせ」と、「12月22日特別夜間開館のお知らせ」で確認を。