年末年始の国内旅行、20代は恋人と行く傾向が高い!? - 国内旅行調査

写真拡大

ジャパン・ホテル・リート・アドバイザーズは11月6日〜8日にかけて、年末年始および来年の国内旅行について意識調査を実施した。

調査は1都3県(東京・埼玉・千葉・神奈川)在住の20〜60代の男女、約1,000人を対象に行った。

まず、年末年始の宿泊を伴う国内旅行(帰省を除く)について、誰と何泊の予定をしているか聞いたところ、どの年代も「家族と」が1位となった。

20代の男女に関しては「彼、彼女と」が2位で、恋人と過ごす傾向がうかがえる。

また泊数に関してでは、「友人と」「1〜2泊」が85.8%と高く、「家族と」「1〜2泊」も79.3%。

年末年始は、「短い旅行」の傾向があるようだ。

次に旅行にかかる金額について調査した。

旅行した場合の予算の内訳を尋ねたところ、「交通費」は各年代とも、全体の25%。

宿泊数が短い傾向のため、近場を選択していることから、交通費は低く抑えているようだ。

また50代、60代の男女は「宿泊代」が約4割と、年末年始を豪華な宿で過ごしたいという意向がうかがえる結果となった。

来年の国内旅行の予定について尋ねると、「今年の国内旅行の回数と同じ」と回答した人は全体で55.1%、「増やす」は27.9%と、83%が今年並み、または増やす計画であることが分かった。

続いて、ひとり旅をしたことがあるか尋ねたところ、「したことがある」が46.0%、「したことはないがしてみたい」が24.4%で、「したことがある」「してみたい」を合わせると約7割がひとり旅に好意的であることが分かった。

その理由として、「気が向いている時に行ける」(50.8%)「気を遣わなくていい」(49.7%)などが挙げられた。