2012年を漢字1文字で表現すると? 3位「変」、2位「迷」、1位は?

写真拡大

インターネット調査会社のマクロミルは12月1日〜3日にかけて、全国の20〜69歳の男女を対象に、「2012年の流行に関する調査」を実施した。

有効回答数は1,000。

最初に、2012年の世相を表す「漢字一文字」を自由回答で尋ねたところ、1位は「乱」で122票、2位は「迷」64票、3位は「変」38票だった。

10位以内にはその他に「怒」「苦」「嘘」などネガティブな漢字1文字が多く、前向きな漢字は「絆」「新」「動」だけだった。

ヒットした人物について聞くと、1位「きゃりーぱみゅぱみゅ」、2位「スギちゃん」、3位「ももいろクローバーZ」。

その他、4位に「なでしこジャパン」、6位に「栗原類」、8位に「ゴールデンボンバー」がランクインした。

次にヒットした商品やサービスについて尋ねると、1位となったのは5月に開業した「東京スカイツリー」。

2位は僅差で9月に発売された「iPhone5」で、1位・2位とも半数近い47%前後が回答している。

3位は発酵調味料として様々な利用法が話題となった「塩麹」だった。

2013年はどんな年になると思うか、漢字一文字で予想したところ、1位は2012年と同様の「乱」58票、2位は「変」47票、3位は「新」38票だった。

4 位以下には「進」「改」「明」「希」「幸」など明るい世相を期待する漢字がランクインしている。