「夫婦一緒に寝る」は仕方なく? - 妻から「うるさい」「臭い」との声

写真拡大

夫婦で寝室やベッドを共にするのは「仲良し」の証のように思われているが、実際のところ、どれくらいの夫婦が一緒に寝ているのだろうか。

マイナビニュースの既婚女性会員200名に、夫婦の寝室事情について教えてもらった。

「夫婦の寝室は一緒ですか。

別ですか。

」という問いに対して、「一緒」と答えた人が80.5%と多数派で、「別」と答えた人は19.5%だった。

その理由と、現状に対する不満についても聞いてみた。

>>男性編も見る■寝室は「一緒」派の意見・「部屋が多くないし、ベッドは一つで良いから」(27歳女性/その他/販売職・サービス系)・「一緒が普通と思ってた」(30歳女性/医療・福祉/専門職)・「一緒に寝ることは重要なコミュニケーションだと思うから」(31歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)■「一緒」派のラブラブな様子・「仲良しだから」(26歳女性/食品・飲料/秘書・アシスタント職)・「毎日一緒に寝たくて結婚したようなものだから」(28歳女性/食品・飲料/販売職・サービス系)・「旦那がぬくいから…夏は暑いけど(笑)」(23歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)■独り寝に耐えられない女性も多数・「一緒に仲良く寝たいから」(28歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)・「別ではさみしい」(31歳女性/その他/その他)・「1人で寝るのが嫌だから」(26歳女性/商社・卸/事務系専門職)■寝室は「別」派の現実的意見・「よりお互いが熟睡できるようにするため」(29歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)・「子供が生まれて、自分が子供と一緒に寝るようになったから」(43歳女性/その他/その他)・「帰宅時間が違いすぎる」(34歳女性/学校・教育関連/専門職)■夫婦同室の不満はとにかく騒音!!・「いびきがうるさい、携帯を鳴らす、起きるとTVを大音量!!」(28歳女性/情報・IT/秘書・アシスタント職)・「他に部屋がないから一緒に寝ているが、寝息がうるさい」(28歳女性/医療・福祉/専門職)・「不満は、夫が酔って帰宅した際にうるさい、臭い、ウザい」(32歳女性/人材派遣・人材紹介/技術職)・「寝言をよく言うので、その声に起きてしまうことが不満」(30歳女性/ソフトウェア/事務系専門職)■総評寝室は「一緒」と答えた人の理由を見ていくと、部屋の狭さや間取りの制約上、という声がもっとも多かった。

”仕方なく”となれば少々夢のない話だが、「安心だから」「別だとさみしい」「落ち着く」といったかわいらしい声も少なくはなかった。

このような感覚は同様の男性編アンケートではほとんど見られず、多くの女性は、男性の隣で寝ることで、精神的に癒やされ、安心感を得ていることが分かった。

寝室は「別」にしている理由のトップはやはり「いびき」。

一緒派でも「いびき」を不満だと答えている人が相当数いた。

それだけならまだしも、寝言に寝息、帰宅時の物音、酔っぱらいの大声、テレビに携帯……と、妻たちはとにかく騒音問題に悩まされているらしい。

美容のために、睡眠を大事にしている女性は多い。

男性陣、寝室ではどうぞできる限りお静かに願います……。

その他、「別」派は現実的な理由ばかりで、寝室が別であることへの不満はあまり見当たらなかった。

一緒に寝るにしても、別に寝るにしても、部屋の制約が大きく関係しているのは、狭小住宅が多い日本ならではの状況といわざるを得ない。

もし大豪邸に住んでいたとしたら、果たしてご主人と一緒に寝るのか別に寝るのか、一度考えてみると面白いかも。

(文・アリウープ 中嶋絵里) 調査時期: 2012年11月6日〜2012年11月10日調査対象: マイナビニュース会員調査数: 女性200名調査方法: インターネットログイン式アンケート