向後の7日株!:チャート妙味増!上値余地大の出遅れ連続増益機械株(633X)
7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

帝国電機製作所 (6333)が今日の注目銘柄!

足元の堅調な株価推移の結果、チャート妙味が増した同社に注目します。
同社はポンプ事業を主力として、電子部品事業などを手掛けています。

11月8日に発表した13年3月期第2四半期業績については、ポンプ事業は、ケミカル用モータポンプにおいて、主力のケミカル機器モータポンプが国内外で増加し、冷凍機・空調機器モータポンプが主に海外向けで増加しました。また、ケミカル以外用モータポンプにおいては、電力関連機器モータポンプが国内外で減少しました。
なお、同社のポンプ事業での売上高に占める割合は84.8%となっています。

一方、電子部品事業においては、自動車用電装品の電子機器ユニットの需要が震災からの復興需要やエコカー補助金等の政策効果、北米や新興国での生産の拡大の恩恵を受け、売上高は伸長しました。

ちなみに、13年3月期通期連結業績は、売上高は191.88億円(前年同期比、8.0%増)、営業利益は22.53億円(同、5.8%増)、経常利益は23.04億円(同、8.2%増)、当期純利益は15.13億円(同、22.1%増)と3期連続増収・増益の見込みです。1株当たりの年間配当予想は24円(第2四半期末12円、期末12円)と、連続増配の予定です。

日足チャートをみると、10月11日の年初来安値979円を底とした、上昇トレンドが発生している可能性が高いとみています。ここ最近の株価は、25日移動平均ベースのボリンジャーバンドでは、+1σ(6日現在、1197円)と+2σ(同、1262円)の間をバンドウォークしながら堅調に推移しています。
一目均衡表では、12月4日に三役好転を達成しており、上昇トレンドが本格化する兆しがはっきりと確認できます。

ところで、6日終値1259円でのPBRは0.8倍と、1倍を割り込み資産面で割安水準と考えます。また、10月11日につけた年初来安値979円からの上昇率は28.6%に過ぎません。年初来高値は4月2日の1648円で、株価の出遅れ感が非常に強く、上値余地は十分あるとみています。

向後はるみ(HARUMI KOUGO)
黒岩アセットマネジメント

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。