勘三郎さん、転院後に急死の真相

ざっくり言うと

  • 当初入院した病院で食道がんの手術をしたが、予想よりも状態が悪いと判明
  • 12時間に及ぶ手術は体への負担が大きく、肺水腫を併発
  • 勘三郎さんは「がんは切除したのにどうして治らないんだ」と怒りだしたことも
  • 大手術の後にARDSを発症したが「特異なケースではない」と医師

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング